売上とは?「営業の仕事分解シリーズ Vol.1」

営業ノウハウ

2015.10.19

営業活動を通して求められることは、「売上」です。営業マンは様々な活動を通して、売上を作り出します。

売上とは、お金の積み重ねであるようにみなさんは思っているかもしれません。しかし、イマクリエではそのように考えません。イマクリエでは、売上=お客様からの『期待と感謝』の積み重ねである、と社員全員が考えます。お客様の期待が膨らむことで発注が生まれ、提供したサービスや商品に感謝されリピートや紹介が生まれると考えています。

 

例えば、イマクリエへ“営業代行”の相談があった時、私たちはお客様からの期待を考えます。お客様とお話していると、そのお悩みは“アポイントが獲得できない”ではなく、“どうすれば、自社の商品の魅力を見込み客へ伝えられるのか”であるとわかります。この悩みを解決して欲しいという想いが、お客様からイマクリエに対する期待であり、私達が取組むべき課題です。私たちは、この期待に応えるべく様々な戦略を構築・提案し、営業代行というサービスを通してお客様に感謝されるような商談機会を作り出します。その結果に感謝していただき、イマクリエの売上が生まれるのです。

 

繰り返しになりますが、売上とは、お客様からの期待と感謝の積み重ねです。このように考えると、営業マンの仕事とは「期待と感謝を集めること」であり、トップ営業マンとは、“沢山の期待と感謝を集め続けている人のこと”だと言えます。

 

営業職に就くと、殆どの方は会社から「売上」を求められると思います。お客様から受注を獲得するための考え方として「売上=お客様からの期待と感謝」という概念を是非お持ちください。そして、周囲を見渡し“自分への期待”を認識、どうすれば感謝してもらえるかを考え、行動していただくことをお勧めします。

toiawase