「売上とは何か」を理解していない人に、営業成績を上げることはできない

営業ノウハウ

2015.11.25

営業活動の目的は、『売上を作ること』です。

なので、私は新入社員に『営業とは?』という話をする前に、
『売上とはなんなのか?』という話をすることにしています。

今の時代は全員がTOP営業マンになりたいわけでもないし、
お金を稼ぎたいわけでも、出世したいわけでもない。
そんな多様性の時代だからこそ、
少し遠回りのように感じるかもしれませんが、
あえて 『売上とは何なのか?』という
本質的なことから伝えるようにしています。

では、売上とは何でしょう。
私は、顧客からの『期待と感謝』であると思います。

そもそも、お金というものは本来『期待と感謝』で動くもの。
美味しいことを期待してお弁当を買い、
快適な移動に感謝してタクシー代を払う。

顧客から期待され発注を受け、感謝されリピートしていく。
それが本来のビジネスの原点なのです。

売上を上げるためには、顧客から期待と感謝を集めればいい。
TOP営業マンとは、より多くの顧客から、
より大きな期待と感謝を集めている人のことをいうのです。

もちろん、給料も同じ。
ただ頑張れば給料が増えるのではありません。
役員や他の社員から、より大きな期待と感謝を集められた人が、
給料が増える仕組みになっているのだと思います。

より大きな期待と感謝を集めるために努力し続けた結果、
気がつけば『頑張ってるね』と周りの人が労ってくれるのです。

『私はこんなに頑張っているのに!』という人がたまにいますが、
誰に何を期待され、誰にどれくらい感謝してもらっているのか、
もう一度周りを見渡してみてください。

お問い合わせはこちらから