営業という仕事を「売りつける仕事」だと思っているあなたへ

営業ノウハウ

2015.12.8

どうやら営業職は不人気な職種らしい。

とても悲しいです。

営業をやりたくないと言う人に「なぜ営業職が嫌なのか」を聞いてみると、

『いらないものを売りつける仕事』
『目標、ノルマに追われて上司に怒られる仕事』
『アタッッシュケース片手に、ハンカチで汗を拭き、頭をペコペコ下げている仕事』

という回答が返ってきます。

確かに、そんな仕事なら自分もやりたくないです(笑)

一部の『仕事ができない営業職』が牽引して
こういうイメージを作ってしまったのでしょう。

ただ、私はこれだけは言いたい!

営業という言葉は、『業を営む』と書く。
すなわち、ビジネスの根幹、背骨とも言える仕事なのです。

そして、営業職として輝いている人材は本当にたくさん存在します。

私は、営業とは『売る仕事』ではなく、
『買いたい気持ちになってもらう仕事』であると思っています。
似ているようですが、
例えば、イソップ物語の『北風と太陽』ぐらい違う話なのです。

そもそも人は何かを買うとき、『自分で』決めているのです。

営業とは本来、
『誰かの相談にのって、その悩みを解決していく仕事』です。

悩みを解決する手段として自社のサービスが合うのであれば、
おのずと『買いたい気持ち』になってくれるのです。

だからこそ、トップ営業になり続ける人には、
愛情が深く、義理人情に厚いタイプが多いのだと思います。

toiawase