IMACREA TELEWORKER REPORT

種子島の生活を楽しみながら、育児とテレワークの毎日 【前編】

〜テレワークを通して着実にキャリアアップを実現!〜

イマクリエのテレワーカーの大半を占める育児中のワーママ。 
テレワークを選んだ理由は、子供のそばで働きたい、自分のキャリアを諦めたくない、その理由は様々ですが、限られた時間の中で、自分なりに工夫をしながら、テレワークを実践しています。そして、そこには、それぞれのテレワークママの目指すキャリアゴールもあるはず。

今回ご紹介するのは、4年前に都内から種子島へ移住し、子育てを楽しみながら、イマクリエのコンシェルジュチームでディレクターとして働く斉藤真理子さんです。

今回は、斉藤さんのこれまでのキャリア、今のお仕事と斉藤さんのテレワークライフについてインタビューしました。

<目次>

  • 理想的な子育て環境を求めて、一家で種子島へ移住
  • テレワークを通した着実なキャリアアップとチャレンジ
  • 場所と時間に捉われないテレワークの素晴らしさを実感

◆ 理想的な子育て環境を求めて、一家で種子島へ移住

テレワークを始めたきっかけを教えてください。

元々都会ではなく、田舎で子育てしたいという思いがあり、 四年前、一家三人で種子島へ移住しました。夏が大好き、 海が大好きの旦那さんの希望で、鹿児島の離島を中心に移住先を探した結果、当時、夫婦で天文学に興味があったこともあり、打ち上げロケットの聖地、種子島に移住しました。 

ただ、移住してから、当然のことながら、都会に比べてやはり仕事がない・・・。

とにかく最初は、歯科助手の仕事や、市役所の臨時職員など、すぐに働ける職場を探しては、仕事をしていました。ただ、そこで何かやりがいを感じたり、自分のキャリアやスキルを活かしたり、心底やりたいという仕事ではなかったんですね。また、実は20代後半で仕事をしながら職業訓練校のDTP課にも半年通い、そこでDTPデザインや装丁などの印刷全般の知識を学び、移住する前は、製作会社で働いていたこともあり、 今までやってきたDTPやパワーポイントのスキルや経験を活かしてどうにかここでも働けないかと考えた結果、思いついたのが、テレワーク。場所を選ばない在宅ワーク、テレワークを キーワードにネットで仕事を探した結果、イマクリエに出会いました。

イマクリエでの今のお仕事について教えてください。

イマクリエでテレワークを始めた当初は、パワーポイントの資料を中心に対応していましたが、現在は、イラストレーターを使ったデザインやDTPなどのクリエイティブ案件を中心にクリエイティブチームのディレクターとして対応しています。テレワークを始めた当初から前職でのスキルや経験を活かして働きたいと強く感じていたので、今はこれまでの経験を活かして、着実にキャリアアップしている実感があります。

というのも、実はイマクリエでお仕事を始める前から、DTPは、元々は絵本を自分で作りたいという思いから始めたことでした。しかしながら、勉強していくうちに印刷の奥深さ、本の仕組み、文字の魅力に取り憑かれ、気が付くと、DTPのお仕事をしていました。とは言ってもスタートが遅かったので、DTP関連で就職するために、人の2倍、3倍は努力しました。好きだからこそ、努力できたのかもしれません。DTPのお仕事を始め、会社員時代やフリーランスになってからも多くの失敗を重ねてきました。一体何枚事故報告書を書いた事でしょう…。でもその経験があり、知識が深まり、今となっては失敗ではなくなり、貴重な経験の一つとなりました。そうして培った知識や経験が今、ディレクターとしてとても役に立っています。

4月から本格的にサービス開始したDTP案件のお客様も、スピードや品質を評価いただき、他部署へイマクリエをご紹介いただきました。今後も拡大予定です。これは本当にチームの優秀なスタッフのお陰です。案件拡大とともに、一緒にチーム全体も成長できるような環境を作っていきたいと思います。

◆ テレワークを通した着実なキャリアアップとチャレンジ

今の仕事でのチャレンジと感じていることはありますか?

私はこの1年間で、テレワークを通して、多くの経験を積ませてもらっていると感じます。幅広い業務領域、その内容の幅が広がったことで、日々チャレンジに感じることも多いです。現在、チャレンジと感じていることは、まさに今立ち上がった新生クリティブチームを軌道に乗せること。これが今私にとっての一番のチャレンジ、そしてコンシェルジュメンバーと一緒に実現させたいことです。

というのも、おかげさまでオンライン事務サービスを提供するコンシェルジュチーム内でも、DTPやWeb関連のクリエティブ案件の受注が急増している状況で、これらのスキルを持ったハイスペックなクリエイティブメンバーの採用も進んでいます。クリエイティブチームのメンバーは海外在住者が多く、そこでポイントとなってくるのが時差と効果的なコミュニケーションの手法。時差に関しては、日本の夜間時間に対応できない作業を海外チームメンバーが対応できるというメリットもある一方で、日本の夜間時間には、海外メンバーとのコミュニケーションが限定的になってしまうというデメリットもあります。(日本メンバーは就寝中のため)。そのため、海外メンバーには作業を依頼する時点で、できるだけ不明点がないように、質問する必要がないように、チャットでのやりとりや、テキストの記載には気をつけています。例えば、作業上の質問が発生しないように、丁寧にテキストを整理して送るなどといった、作業を行う側の視点に立って、情報の共有・シェア、できるだけわかりやすく伝えるコミュニケーション、この2点の重要さを実感しています。これは、ディレクターとして以前もそうでしたが、クリエティブチームのディレクターとして、海外メンバーと密なコミュニケーションが必要となった今、テレワークで国内外のメンバーと一緒に働くことを通して、チームとして機能させること、実感している今の私のチャレンジです。

◆ 場所と時間に捉われないテレワークの素晴らしさを実感

今後テレワークを通してどのようなキャリアを目指していますか?

私は、4年前に移住して以来、歯科助手の仕事や、市役所の臨時職員など、現地での勤務経験を経て、今のテレワークという働き方に行き着きました。ここに行き着くまでには、私なりに目指すキャリアゴール像や仕事に対する考え方、つまり譲れない要素があったような気がします。

まず1つ目は、「自分のスキルや経験を活かした仕事をしたい」ということ。特に、これがやりたい、こういうキャリアを目指したいという思いは正直ありません。ただ、今まで自分が社会人として働いてきた上で、どの職場、どの仕事でも一生懸命目の前のことに取り組むことで、何かを学んできた、その積み重ねで今ここ、イマクリエにいる、そう実感しています。そして今は、イマクリエでクリエイティブディレクターとして、DTPの領域でのスキルや経験が活かせる案件を担当しているので、今後も自分の強みを活かして仕事していきたいなと思っています。

そして2つ目は、「自分の仕事の対価に見合った仕事がしたい」ということ。これはイマクリエが掲げている「同一賃金、同一労働」この考え方そのもの。場所や時間に捉われず、しっかりと仕事をしてくれたメンバーに対しては、報酬に見合った仕事と着実なキャリアアップをサポートするという環境がイマクリエにはあります。つまり、テレワークを通して、どこにいても働く環境は整っていてあとは自分次第。仕事、生活全てを融合させた今のテレワークの働き方、今はこれが実現できているので、今後もこの働き方を続けていきたいというのが、今私の目指すべきキャリアゴールなのかもしれません。そして何より、母親として自分が仕事をしている姿を見せていける今の働き方に満足しています。子どもとの時間を大切に、それが実現できているのもテレワークのおかげだと思います。


斉藤真理子 -Mariko Saito-
イマクリエ コンシェルジュチーム クリエイティブディレクター。
種子島在住のママテレワーカー。島での暮らしを楽しみにながら子育て奮闘中。
地元での絵本教室も開催する現役の絵本作家。
近年は、種子島に限らず、離島をテーマにした絵本の制作活動も行なっている。
https://p-books.jp/ehons/writer/saitoumariko/